2011年10月11日火曜日

周辺探訪ガイド

じつは観光地とグルメスポットがたくさんある401周辺。とくにパン屋は名店がしのぎを削っていて、”パンの聖地”とも呼ばれてます。料理教室の後は、周辺のスポット巡りもいいかもしれません。 

より大きな地図で COOKING ROOM 401 周辺探訪マップ を表示
[  観光 ]
日本民藝館(美術館)
柳宗理の父である柳宗悦によって創設された美術館、ミュージアムショップの品揃えは必見。

旧柳宗悦邸(邸宅)
日本民藝館に隣接している宗悦邸。かなり古い建物ではあるが、今見ても新鮮なシンプルな美意識が感じられる空間作りは参考になります。※ただし、展覧会開催中の第2水曜、第2土曜、第3水曜、第3土曜に公開

駒場公園(邸宅&公園)
森のような公園のなかに旧前田侯爵邸があり。華々しい社交の場だった優雅な豪邸を無料で見ることができます。

代々木公園(公園)
都心にありながら、広大な敷地と整備された景観をほこる公園。代々木の杜と呼ばれるほど、中にはいると都心とは思えないような景色が広がる。隣には明治神宮も隣接。

東京ジャーミイ(モスク)
オスマン様式のモスク。独特の建築と装飾は、トルコから送られてきた資材を使ってトルコ人の職人が仕上げたもの。

パン屋 ]
BROTLAND|パンの国(パン屋)
見た目はかわいいパン屋さんなんですが、デニッシュはしっかりとした味で、なんといっても食パンが美味しい。

ル・ルソール(パン屋)
名店メゾンカイザーの立ち上げに携わり、その後フランスや国内で経験を積んだオーナーが開設したパン屋。ここのパン屋はどれをとっても外れ無し。味だけでなく、見た目も上品でカワイイ感じです。

ルヴァン(パン屋)
天然酵母パンの代名詞とも言えるパン屋。すべて計り売りで、どっしり重く、料理はもとより、ワインとの相性も抜群。エシレバターをつけて召し上がれ。

イエンセン|JENSEN(パン屋)
デンマーク大使館御用達のパン屋さんで、デニッシュがとにかく美味で、一度食べたらヤミツキに。ただし売り切れ早いため、閉店間際にはほとんど商品残ってないことも。。。しばしば

ショッピング ]
DOUGUYA
日本のアンティーク家具を扱うお店。日本人が持つ技術と美意識によって作られれた家具を、ひとつひとつ丁寧に再生しています。

NEO GREEN(観葉植物)
観葉植物に器を見立てることでアートのような美しい作品として扱うお店。きっと植物に対する意識が変わります。

パパブブレ/papabubble (高級キャンディー)
バルセルナで誕生した金太郎飴。職人が丹精込めて1粒ずつ手作りしたハイクオリティーなキャンディーです。
キャンディーも素敵ですが、お店の内装もパッケージも見たことがないデザインです。時間によっては実際に職人が作っているところも見学できます。

SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS (ブックストア)
出版社と本屋が一緒になった店舗。作家が自らの筆で原稿用紙に書き記し、自ら装丁し、お客様に手渡す……。そんなアイデアがお店の構造から表現されています。中村拓志(NAP建築設計事務所)ディレクションの内装も一見の価値有りです。


レストラン・バー ]
アヒルストア(ダイニングバー)
BRUTUSに特集が組まれるほどの話題のお店。住宅街にひっそりとあるワイン(セレクションのセンスがすごい)と自家製パンにあう料理が食べられる人気のワインバー。

STAND S(ダイニングバー)
カフェブームの火付け役。山本宇一さんプロデュースのロッジ風のバー。雰囲気だけじゃない、料理もしっかり美味しいので、ついつい長居しちゃう感じ。

KAMIYAMA 418(バー)
STAND S12時でクローズなので、未だ飲み足りないときはここ。大人なバーですが、キャッシュオンで明朗会計。

TARLUM(バー)
代々木公園を目前にするシーフードをテーマにしたダイニングレストラン。内装のセンスが抜群で、雰囲気も良く、料理も美味しい。旬の生牡蠣とワインで代々木公園の夜を堪能してください。

レストランバカール(フレンチレストラン)
レストランキノシタに負けないコストパフォーマンスと味だけじゃない見た目にも新しいフレンチの世界。予約が取りづらいのが難点。

シャンブル・アヴェク・ヴュ フレンチレストラン
富ヶ谷の住宅街にあるカジュアルなフレンチレストラン。料理は本気なフレンチなのに、料金はかなり控えめ、そういった意味でコスパが高く、個人的にはバカールに匹敵する良店であると思える。
しかし、決して気取った感じはなく、近隣の子供連れのファミリーなんかでデイリーで利用されているカジュアルな雰囲気も良い。

ルヴェ・ソン・ヴェール(フレンチレストラン)
樹木が生い茂る東京大学駒場キャンパス内にあるフレンチレストラン。学生を意識してか、ランチメニューは800円からとお手頃だが、味はなかなかの本格的なフレンチ。近所のマダムだけでなく、遠方からお越しの方もいるようで、いつも賑わってます。
http://www.leversonverre-tokyo.com/restaurant_komaba/index.html

※上記はあくまで個人的な意見・感想になり、掲載元の意見を反映したものではございません。


クッキングルーム401トップ | コンセプト |  基本コース・レッスン | 先生の紹介 | アクセス | レッスンの流れ | よくある質問 | お問い合わせ・お申し込み

0 件のコメント:

コメントを投稿